ニキビケアの基本は保湿

ニキビは思春期の10代から大人にいたるまで悩ませられる皮膚疾患の一つです。ニキビの原因となるのは思春期の場合は成長期のホルモンバランスの変化、大人の場合は体調不良のサインともいわれていますが、どちらの場合でも基本的に大切となるのは肌の状態を清潔に保つことです。そのためには毎日のケアが不可欠になります。ではどのようなケアをすればよいのでしょうか。

まずは洗顔をきちんとすること、そして忘れてはいけないのが、保湿を十分に行うことです。保湿ができていない肌は、乾燥することによって角質が厚くなってしまいます。そうなると毛穴がふさがります。毛穴がふさがると皮脂の分泌が正常にできなくなり、その状態がニキビを作ってしまう原因となるのです。また、その状態をそのままにしておくと、ニキビを悪化させてしまうこともあり、どんどんときれいな肌から遠ざかってしまうのです。

ニキビを防ぐには正しい洗顔をまずはする必要があります。皮脂があるとニキビになるという意識から一日に何度も洗顔するとかえって逆効果です。皮脂は正常な状態に保たれていれば肌を守るバリアの役目を果たしますので、洗顔のしすぎはバリアをはがしてしまうことになるのです。ですから、洗顔のしすぎはかえって肌を乾燥させてしまい、ニキビになりやすい土台を作ってしまいます。勘違いしがちな点として、保湿効果も期待できるような洗顔せっけんを使用することで保湿が完ぺきと思ってしまうことがありますが、実際は洗顔と保湿は別々に考えてしっかりとケアの仕方を分けていく方が良いでしょう。