なぜ乾燥は大敵なのか

乾燥がニキビの原因になる仕組みを掘り下げてみましょう。肌は通常、バリアの役割を果たす皮脂を分泌することで、肌の状態を最善に保つ働きがあります。この皮脂の分泌量が増えすぎてしまうと、毛根詰まりを引き起こしてしまいます。では、なぜ、分泌量が増えてしまうのか、その原因となるのが肌の乾燥なのです。肌は乾燥していることを察知して少しでも潤いを与えようと、皮脂を分泌します。ですから、肌の機能をよく理解したうえで、いろいろな条件の下でも潤いのある肌の状態を作ってあげなければならないのです。こうして考えると、皮脂を押さえたいからといって何度も洗顔をして皮脂を落とすことがニキビ予防にも改善にも役に立たないことが分かるでしょう。そのような行為は、さらに肌が乾燥しているから守らなければいけないと反応してしまう状況を作り出しているにすぎず、洗顔のすぐあとから皮膚はたくさんの皮脂を分泌しようとするのです。

乾燥は季節にかかわらず陥りやすい肌トラブルの一つです。毎日のケアをしっかり行っていつでもベストな水分量を保つことができるように整えていきましょう。また、使用するスキンケア用品の用途もしっかりと把握して正しい分量、回数を守るべきです。

スキンケアに役立つ成分

スキンケア用品として最近注目されているのは砂糖です。砂糖には高い保湿効果が期待でき、砂糖とオイルを1:1か1:2ずつの配合で混ぜることによって、スキンケア用品として使用することができます。砂糖や天然のオイルは、肌を刺激することもなく、アトピーなどの皮膚の弱い方にとっても使いやすく効果もあるとして注目されており、その高い保湿性能はニキビに悩んでいる方にとっても役に立つでしょう。

また、市販されている洗顔料などを選ぶ際には、ビタミンC配合のものを選ぶとよいでしょう。ビタミンCには炎症を促進する活性酸素を除去する作用や、余分皮脂を押さえてコントロールする力、色素沈着を防ぐ働きが期待できるため、ニキビケアだけにとどまらず肌のさまざまなトラブルのケアに良いとされています。また、消炎成分配合の物もおすすめです。グリチルリチン酸は漢方にも含まれている成分で古くから炎症を抑える成分として実用されてきました。サリチル酸は古い角質を柔らかくして除去する働きを持ちます。こうした成分が配合されているものを選ぶことによってニキビケアを効果的に行うことができるでしょう。洗顔料も自分の皮膚に合ったものをいろいろと試してみましょう。

参照サイト
【公式】ニキビ肌を防ぐスキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~クリアタイプ~』
植物性オイルを使用したニキビケア化粧品です。